このブログを検索

読込中...

2016年9月19日月曜日

秋の気配

お散歩中、見つけた! 秋の味覚・・・栗!を公民館に届けてくれる方がいました。




実が大きくて、美味しそう~。



厳しい暑さもようやく収まりをみせていますね。

秋の虫たちの声も聞こえだし、栗やどんぐりなどの木の実も色づき始めています。

公民館にも、秋の気配が一つ一つ届いています。(た)

2016年9月18日日曜日

すごかった!だしのうまみ、だしの力!


 岐阜県内唯一の「だしソムリエ」 日比野朱美先生にだしのうまみ成分を消すことなくおいしい
だしのひき方を教わりました。

普段の料理で使っている鰹や昆布でもお湯の温度やくぐらせる時間で、驚くほどおいしいだしが
できました。



                 
                     まずだしのひき方基本を学びました。
    
 
 
 
だしを使った料理を作り、自然の美味しさを改めて実感しました。
美味しさに大満足の楽しい講座となりました。
 
 
 




                         ごちそうさまでした。     Na

2016年9月12日月曜日

豆皿が焼きあがったよ!

秋の気配が色濃くなってきた今日この頃ですが、

夏休み講座「僕と私も作陶家 家族の顔をお皿にしちゃお!」で作った

豆皿が先月末に焼きあがりました!

















これが窯に入れる前!




















そして、上の写真が焼きあがった作品の一例。

すごく可愛く仕上がりました。

参加された家族の皆さんは、とても喜んで持ち帰られました。

当日の様子はこちら!














まずは講師である土屋先生の説明を聞いて、いざ制作!

















宿題だった下絵をもとに慎重にパーツを配置!
















パパやママも真剣!家族で協力し合って完成へ!


完成した豆皿は、各ご家庭で使ってくださっているでしょうか?

豆皿を手に取るたびに、この講座を、家族との思い出を

思い返してもらえたら、うれしい限りです!(か)

2016年9月6日火曜日

どの富士山がお好きですか?

9月のギャラリーは、市之倉在住の橋之口正雄さんによる「富士山と懐かしの市之倉」の写真展です。

橋之口さんが、ここ2,3年の間に、撮りためた富士山の写真と昭和初期の市之倉小学校の授業風景、他当時の市之倉村の写真を展示しています。

日本の原風景でもある富士山に魅せられ、朝、夕、四季折々変化するその秀峰との新たなる出会いを求めて、撮影した素晴らしい富士山の写真です。

2013年6月、世界文化遺産に登録され、いまや世界の宝となった富士山。

様々な角度、様々な気象条件によって美しく表情を変化させる富士山。

どの富士山も気に入っていただけるはずです。ぜひ、ご覧になってください。(た)


 
 

 
 
 
 
 
 

 
 

2016年8月26日金曜日

自然の中で子どもを育む市之倉探検隊

自分が子どもだったころ、今のようにゲーム機やパソコンはなく、遊びは自然の中でした。

危ない、汚い・・・という思いがが先行しがちの中で、市之倉公民館では、川の水質検査や生息する魚の生態を指導することによって、子どもたちに自然を守り育てることの大切さを伝えています。

そして、身近なふるさとの素晴らしさを体験し、それらが子どもたちにとってかけがえのない宝物となることを願い取り組んでいます。(た)


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




2016年8月12日金曜日

暑さに負けず明るい歌声♪

 
 今年の夏はリオオリンピックで日本のメダルラッシュに毎晩寝不足になりそうです。

体操男子団体の金メダル、競泳での数々のメダル、柔道での喜びや悔し涙、卓球でのメダル獲得

などなど・・・日本人として誇らしく、うれしく思う日々が続いています。

 そんなオリンピックにも負けない「100人で歌うなつかしの歌のつどい」のみなさんの歌声に
熱くなりました。

 今日も笑いであふれた楽しい時間を一緒に過ごすことができました。



      今日は夏がテーマの歌をたくさん歌いました。



2016年8月11日木曜日

お見事!マカロンタワー完成!

夏休みの1作品に!とマカロンタワーを作る子ども講座がありました。

マカロンを乾燥させる過程があり、2回にわたって完成させました。

1日目

好きな色を付けた粘土をマカロンの型にはめて、外して・・・それを何度も繰り返します。
可愛い花の型もあり、粘土で花も作っていきます。


型ぬき

2日目

円錐形の型に、1日目に作った乾燥したマカロンをボンドで貼り付けていきます。


マカロンを貼り付け

最後に、1日目で作った花、ビーズやリボンなどでデコレーションしていきます。

一見難しそうなマカロンタワーですが、参加した子どもたちは、とっても呑み込みも早く、世界でたった1つの個性あふれる作品が出来上がりました。大人顔負けです!


作品を前ににっこり!出来栄えに大満足!


お部屋のインテリアにしても素敵ですね。(た)