このブログを検索

読込中...

2016年8月12日金曜日

暑さに負けず明るい歌声♪

 
 今年の夏はリオオリンピックで日本のメダルラッシュに毎晩寝不足になりそうです。

体操男子団体の金メダル、競泳での数々のメダル、柔道での喜びや悔し涙、卓球でのメダル獲得

などなど・・・日本人として誇らしく、うれしく思う日々が続いています。

 そんなオリンピックにも負けない「100人で歌うなつかしの歌のつどい」のみなさんの歌声に
熱くなりました。

 今日も笑いであふれた楽しい時間を一緒に過ごすことができました。



      今日は夏がテーマの歌をたくさん歌いました。



2016年8月11日木曜日

お見事!マカロンタワー完成!

夏休みの1作品に!とマカロンタワーを作る子ども講座がありました。

マカロンを乾燥させる過程があり、2回にわたって完成させました。

1日目

好きな色を付けた粘土をマカロンの型にはめて、外して・・・それを何度も繰り返します。
可愛い花の型もあり、粘土で花も作っていきます。


型ぬき

2日目

円錐形の型に、1日目に作った乾燥したマカロンをボンドで貼り付けていきます。


マカロンを貼り付け

最後に、1日目で作った花、ビーズやリボンなどでデコレーションしていきます。

一見難しそうなマカロンタワーですが、参加した子どもたちは、とっても呑み込みも早く、世界でたった1つの個性あふれる作品が出来上がりました。大人顔負けです!


作品を前ににっこり!出来栄えに大満足!


お部屋のインテリアにしても素敵ですね。(た)

大航海時代の手作り帆船展示中

夏休みに子どもたちが喜ぶ帆船模型を展示しています。

かつて大航海時代をささえた帆船を再現した模型を指して帆船模型と言います。今回の展示は

*サン・マティオ
スペイン無敵艦隊のレオン船で16世紀エリザベス女王1世のイングランド艦隊とのアルマダ海戦で活躍。


サン・マティオ

*バウンティー
1785年建造の英国貨物船で英海軍により武装戦に改造されたが反乱により1790年南太平洋ピトケアン島で解体。


バウンティー 

この2つの帆船は、組み立てキットとして売られている製品を作成したものではありません。

図面をもとに、つまようじやビールの空き缶などの廃物を利用しての手作りです。

出展者の土谷保夫さんが約35年前作成した帆船「サン・マティオ」と今年の2月より、今回の展示が決まり約700時間以上かけて最近作成した帆船「バウンティー」を展示しています。

微妙なカーブラインを出すのも大変な作業です。精巧に作られた、夢とロマンあふれる帆船を是非ご覧になってください。(た)

2016年8月10日水曜日

子どもマジックショー

公民館サークルの「多治見マジッククラブ」に出演を依頼して子どもマジックショーを開催しました。

種やしかけがあるはずなのに、全くわからない不思議さ?

卓越したテクニックと見るものを飽きさせない絶妙な話術!

子どもたちは、間近で見るマジックの不思議さにに驚きの連続!

最初から最後までわくわくドキドキ♪

キラキラした眼差しや笑顔が印象的でした。(た)



 
 
 
 
 
 
 
 

2016年8月6日土曜日

あこがれのふわふわシフォンケーキに挑戦!

市之倉公民館では、ふるさと楽園として、
ともに学ぶ一般向けの各種講座を開催しております。
 
今回は、ケーキ作りのお悩みを解決するお菓子教室
~あこがれのふわふわシフォンケーキに挑戦~の講座です!
直径12センチ型のほうじ茶ミニシフォンケーキを作りました。
 
シフォンケーキがうまく膨らまない・・・・
ふわふわ生地に仕上げたい・・・など、
初心者さんから、なかなか納得のいく仕上がりにならないとお悩みの方までが参加し、
シフォンケーキの成功の鍵となるメレンゲの泡立て方、生地の混ぜ方のコツを、
講師の佐藤陽子先生に教わりました。
 
同時においしい珈琲のドリップの仕方も習い、
先生が焼き上げたシフォンケーキとともに一緒にいただきました。
 
参加者自身が焼き上げたシフォンケーキはお持ち帰りいただき、
ご自宅でティータイムを楽しんでいただけたかと思います。
 
今回習った失敗しない基本と コツを生かして、プロ級のシフォンケーキ作りに、
是非ご自宅で挑戦してみてください。(み)
 

成功の鍵となるメレンゲづくり・・・
ポイント1 きめ細かい柔らかいツノができるまで泡立てます。
ポイントその2 固くしすぎてはNGです。
ポイントその3 メレンゲの泡をつぶさずに、うまく混ぜ込む

生地を型に流し込みます。やさしく、やさしく・・・
ポイントその4 流し込んだらそのまま、トントンしない・・・


180℃~200℃のオーブンで18分焼きます。




プロ級のドリップ・・泡の土手が決壊しないようにそそぎます。
甘い香りと珈琲の香り・・・で至福の時間


2016年8月1日月曜日

優しい保育士になろう!

小学生がお仕事体験する「たじみごっこ やさしい保育士になろう」が市之倉保育園の協力をいただき行いました。

やりがいはもちろん大変な点も含めて保育士の実体験をさせていただきました。

一緒に体操をしたり、鉄棒をしたり、絵本を読んであげたり、ゲームをしたり、どの受講生もとてもいい表情をしていました。

「すごっく可愛くて色々な反応をしてくれるから楽しかった。保育士をやってみたいと思った。」

「一生懸命みんなを喜ばせよう、みんなに覚えてもらおう…という気持ちを学んだので、それを活かした仕事につきたい。」などの感想がありました。

素直で元気な市之倉保育園の園児たちにたくさんの勇気をもらい、コミュニケーションの大切さを実感する貴重な機会となりました。(た)


 
 
 

2016年7月18日月曜日

青を基調!夏らしいトールペイント!

市之倉公民館7月のギャラリー愛では、脇山美智枝さんのトールペイント作品「ファンタジー」を展示しています。

青い海、帆船、海岸や湖畔の白馬など、青を基調とした作品や、アンティークなタッチで描いた作品の数々です。

ペイントは平面な素材だけでなく、振り子の置き時計やおもちゃのピアノのような立体的な木製品にも施されています。

また、木製品を素材として扱うだけでなく、布に描いた作品もあります。

布に描いた作品は細部にわたって工夫がされていて、額装が手の込んだデザインとなっていて、創造性を加えながら自由な精神で試みていらっしゃるところが素敵です。

全体的にシックな深みのある素敵な作品ばかりです。

幻想的なトールペイントの世界「ファンタジー」を、是非ご覧になってください。